KOMEI YOUTH | 公明党青年委員会

ごあいさつ

TOP > ごあいさつ

青年委員長矢倉 克夫YAKURA KATSUO

「側にいるから。きみは一人じゃないよ」
27年前、経済苦に父親の末期がんが重なり、人生をあきらめかけていた私に、公明党の議員がかけてくれた言葉でした。「政治ってあったかいんだな」。これが、私の政治家としての原点です。

コロナ禍の今、日本だけではなく世界の人たちが不安を抱えています。そんな今だからこそ、みんなが「支えあいつながりあう」社会をつくりたい。全ての人が「明日はもっと良くなる」と、生きる希望、喜びを分かち合える社会をつくりたい。それが、私たち、公明党青年委員会の願い、決意、そして誓いです。

そのような思いを込めて、このたび、公明党青年委員会として、2030年をめざした新たなビジョンを掲げました。あなたと私、一緒にそんな社会を、世界を、未来をつくりましょう。一緒に動けば必ずできると確信します。

  • 所属埼玉
  • 選挙区参議院/埼玉
  • 生年月日1975年1月11日
  • 党役職法務部会部会長代理、復興・防災部会部会長代理、中央幹事、埼玉県本部副代表
  • 略歴さいたま市在住。東京大学法学部卒。米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)法学修士課程修了。中国・復旦大学留学。日本、米ニューヨーク州で弁護士。元経済産業省参事官補佐。

青年副委員長/青年局長三浦 信祐MIURA NOBUHIRO

「シルバー民主主義」――有権者の多数を占める高齢者を優遇する政治によって必要な改革が阻止される現象と定義されている通り、少子高齢社会の中で、若者の将来不安が助長されています。

“誰もが安心して歳を重ねられる社会”をつくることは、大衆福祉の公明党の使命です。日本の未来を担いゆく青年世代が、確かな希望を実感できる社会に! そのためには、若者が声を上げ、政治に届けるしかありません。

私自身、全国各地へ足を運び、多くの青年の声なき声を聴いてきました。皆さまの「声」で政治を変えていく。その挑戦を貫くために、公明党青年局があります。

青年民主主義へ――日本の未来、希望の未来を、共に切り拓いていきましょう。

  • 所属神奈川
  • 選挙区参議院/神奈川
  • 生年月日1975年3月5日
  • 党役職公明党外交部会長、同青年局長、同東海道方面幹事長、同神奈川県本部代表、同障がい者福祉委員会委員長、同団体局次長、参議院北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会理事
  • 略歴宮城県仙台市出身。横浜市港南区在住。千葉工業大学金属工学科を卒業後、防衛大学校精密機械工学科(現機械システム工学科)助手に。2003年、東京工業大学にて工学の博士号取得。2012年、防衛大学校で最年少の准教授に就任。家族は妻と娘と愛犬。

青年副委員長/学生局長安江 伸夫YASUE NOBUO

「自分が言っても変わらない」。
世の中に対して、他人に対して、どこか決めつけ、諦めてしまう。
でもそれは、自分の人生に対しても、無責任なことなのかも知れません。

自らの人生に誇りと責任を持って、「こんな世界にしたい」、「こういう社会をつくりたい」という「イマ以上」を目指す決意と行動が、世の中を変革し、皆が輝く社会に繋がっていくのではないでしょうか。そんな思いを「青年」の皆様と共有し、新しい時代、よりよい未来を、ともに創っていきたいと思います。

「声をあげれば、変えられる」。そのことを体験し実感していただくためにも、私自身が若者のみなさんの声を聴き、声をあげ、変革に挑戦してまいります。
ともに、ミライへ!

  • 所属愛知
  • 選挙区参院選/愛知
  • 生年月日1987年6月26日
  • 党役職参議院国会対策副委員長、組織委員会遊説局次長、法務部会部会長代理、愛知県本部副代表
  • 略歴弁護士。愛知県立半田高校、創価大学卒。同法科大学院を修了した2013年、司法試験に合格。2014年12月、愛知県弁護士会に登録。旭合同法律事務所に入所。座右の銘は「不可能とは、臆病者の言いわけである!」。

顧問平木 大作HIRAKI DAISAKU

  • 所属千葉
  • 選挙区参議院/比例
  • 生年月日1974年10月16日
  • 党役職中央幹事、広報委員長、青年委員会顧問、核廃絶推進委員会事務局長、デジタル社会推進本部事務局長、千葉県本部代表
  • 略歴長野市生まれ、東京都出身。東京大学法学部卒。スペイン・イエセ・ビジネススクールで経営学修士号(MBA)取得。千葉県市川市で妻と2人暮らし。

青年副委員長国重 徹KUNISHIGE TORU

  • 所属大阪
  • 選挙区衆議院/大阪5区
  • 生年月日1974年11月23日
  • 党役職国会対策委員会筆頭副委員長、憲法調査会副会長、内閣部会部会長、大阪府本部副代表
  • 略歴大阪府大阪市生まれ。平成24年12月衆院議員に初当選。弁護士。創価大学法学部卒。

青年副委員長伊佐 進一ISA SHINICHI

  • 所属大阪
  • 選挙区衆議院/大阪6区
  • 生年月日1974年12月10日
  • 党役職厚生労働部会長、財政・金融副部会長、内閣副部会長、広報委員会宣伝局長、青年副委員長、税制調査会事務局次長、国際委員会国際局次長、市民活動委員会市民活動局次長、大阪府本部副代表
  • 略歴大阪府守口市育ち。文部科学省・宇宙開発利用課課長補佐を経て、平成24年12月に衆院議員に初当選。東京大学工学部航空宇宙工学科卒。

青年副委員長/学生局顧問中野 洋昌NAKANO HIROMASA

  • 所属兵庫
  • 選挙区衆議院/兵庫8区
  • 生年月日1978年1月4日
  • 党役職経済産業・内閣府・復興大臣政務官、国際委員会国際局次長、兵庫県本部副代表
  • 略歴京都府生まれ。国土交通省・課長補佐を経て、平成24年12月、衆院議員に初当選。東京大学教養学部卒。米コロンビア大学国際公共政策大学院修士号取得。

青年副委員長杉 久武SUGI HISATAKE

  • 所属大阪
  • 選挙区参議院/大阪
  • 生年月日1976年1月4日
  • 党役職国際委員会国際局次長、税制調査会事務局次長、大阪府本部副代表
  • 略歴大阪市生まれ。世界4大会計事務所の一つであるPwCで活躍。令和元年7月参議院議員2期目当選。公認会計士。米国公認会計士試験合格。税理士。創価大学経営学部卒。

青年副委員長河野 義博KAWANO YOSHIHIRO

  • 所属福岡
  • 選挙区参議院/比例
  • 生年月日1977年12月1日
  • 党役職農林水産部会長、経済産業部会副部会長、地球温暖化対策本部事務局長、総合エネルギー対策本部事務局長、観光立国推進議員懇話会幹事長、国際委員会国際局次長、沖縄方面副本部長、福岡県本部副代表、京都大学京都大学大学院経済学研究科再生可能エネルギー経済学講座客員研究員
  • 略歴福岡市生まれ。福岡県立修猷館高校、慶應義塾大学卒。東京三菱銀行(現三菱UFJ銀行)を経て、丸紅に入社後、国内外の風力発電事業に携わる。剣道7段。

青年副委員長佐々木 さやかSASAKI SAYAKA

  • 所属神奈川
  • 選挙区参議院/神奈川
  • 生年月日1981年1月18日
  • 党役職女性副委員長、青年副委員長、青年委員会学生局顧問、市民活動委員会文化芸術局次長、
    東海道方面副本部長、神奈川県本部副代表
  • 略歴青森県八戸市出身。神奈川県横浜市在住。創価大学法学部卒、同法科大学院修了(1期生)。弁護士(神奈川県弁護士会所属)。モットーは「根性と忍耐」。

青年副委員長高瀬 弘美TAKASE HIROMI

  • 所属福岡
  • 選挙区参議院/福岡
  • 生年月日1981年12月21日
  • 党役職女性副委員長、国際委員会国際局次長、内閣部会部会長代理、外交部会副部会長、福岡県本部副代表
  • 略歴福岡県飯塚市出身。創価大学卒業。米国コロンビア大学国際関係公共政策大学院修士課程修了。元外交官。在米国日本国大使館、在東TL日本国大使館勤務。

青年副委員長高橋 光男TAKAHASHI MITSUO

  • 所属兵庫
  • 選挙区参院選/兵庫
  • 生年月日1977年2月15日
  • 党役職 参議院国会対策副委員長、国際委員会国際局次長、外交部会副部会長、兵庫県本部幹事長代行
  • 略歴兵庫生まれ兵庫育ち(宝塚市、西宮市、神戸市)。元外交官。在ブラジル日本大使館一等書記官など歴任。ポルトガル語通訳担当官として首脳外交にも携わる。二児の父。

青年副委員長河西 宏一KOICHI KASAI

  • 所属東京
  • 選挙区衆議院議員/比例
  • 生年月日1979年6月25日
  • 党役職党青年副委員長
  • 略歴衆議院議員。東京大学卒。党東京都本部副代表。同選挙対策委員長代理。