NEWS

党勢拡大は青年の力で/道府県青年局長の活動手記

2021 . 07 . 22
次期衆院選の勝利に向けた党勢拡大に奮闘する道府県青年局長3氏の活動手記を紹介します。

「政策チャレンジ」策定し推進

北海道・渡部泰行札幌市議

党北海道本部青年局では、「VOICE ACTION(ボイス・アクション=VA)2021」を5月に実施しました。

アンケートで声を伺う一方、VAが掲げる項目の中から、北海道として優先的に取り組むべき政策を提示するため、青年局の議員が議論を重ねました。そして党道本部の政策局や女性局の皆さんとも相談した上で、「公明党北海道本部青年政策チャレンジ」を策定しました。

政策チャレンジの中で特に力を入れるのが奨学金の返還支援です。居住など一定の要件を満たした人の奨学金返還を自治体が肩代わりする制度を広げます。その他に、避難所や公共施設への無料Wi―Fi設置促進や、「新婚新生活支援事業」の推進、自殺の危険を抱えた人に気付いて適切に関わる「ゲートキーパー」の養成、子どもや保護者、教員に安全なネット利用を啓発する「e―ネットキャラバン」の活用などを盛り込みました。政策チャレンジは党道本部の全議員に発信し、各地域での推進を呼び掛けました。

衆院北海道10区は前回、僅差の勝利でした。党勢を拡大し、「公明党ここにあり」との姿を示すため、青年政策の実現に全力で取り組んでまいります。

ネット動画活用し情報発信

大阪府・今田信行大阪市議

大阪府では次期衆院選に四つの小選挙区から公明党が挑戦します。これまで、小選挙区別のユーストークミーティングを活発に行ってきました。さらに、議員と若者との接点を作るための取り組みとして、ユーチューブやLINEを活用した動画配信も行われています。

佐藤しげき議員(大阪3区)は「シゲキフルLIVE」、国重とおる議員(大阪5区)は「YouTube『ミニ国政報告』」、いさ進一議員(大阪6区)は「いさ進一YouTubeライブ」、北がわ一雄議員(大阪16区)は「北がわYouTube LIVE」との名称で、国会議員同士や国会議員と地方議員がトークする模様などを配信しています。

私は大阪5区に含まれている此花区で活動していることから、国重議員の動画に出演しました。その際、ワクチン接種などについて、国と大阪市の取り組みをそれぞれ説明し、視聴者から「分かりやすかった」との反響がありました。国重議員の動画は、6月以降だけでも視聴者数が延べ1万5000人以上に上りました。

次期衆院選はコロナ禍の戦いになります。ネットを活用した情報発信にも注力しながら、勝利に向けて前進してまいります。

魅力ある広島へ若者の声聞く

広島県・川本和弘広島市議

次期衆院選で、公明党は斉藤てつお議員が広島3区から挑戦します。斉藤議員のことを若者に知ってもらうための取り組みとして、オンラインでのユーストークミーティングを20回実施し、多くの方に参加していただくことができました。

若者支援を進めるため、奨学金返還支援制度の情報を県内の町議に伝え、議会質問で取り上げてもらうことができました。

さらに、魅力ある広島をつくるため、政策アンケート「未来ビジョン」を斉藤議員と共に実施しました。アンケートは①レジャー×広島(自然と文化を生かした娯楽の場創出)②ファミリー×広島(結婚、妊娠、出産、子育てのサポート)③ワーケーション×広島(行楽地で仕事するなど新しい働き方の促進)―の三つから“イイネ!”と思う項目に複数選択可で投票する方式で、5月1日から6月30日までの期間に1万4469の声が寄せられました。

広島3区の挑戦は、政治への信頼を取り戻す戦いでもあります。若者からは怒りを通り越した諦めや不信の声が聞かれる一方で、街頭アンケートの際には政策への期待感もありました。若者に寄り添い、裏切らない政治をめざします。