NEWS

街頭でVAアンケート

2021 . 05 . 29

【党福井・青年局】

公明党福井県本部青年局(局長=菅生敬一・福井市議)は23日、青年の声を政治に届けるための政策アンケート「VOICE ACTION(ボイス・アクション=VA)2021」を福井市内で行った。これには菅生局長ら地元市議3人と、西本恵一県代表(県議)、青年党員らが参加した。

アンケートに答えた子ども連れの若い夫婦は、「子どもが3人いるため養育費の負担が大きい」と、子育て支援の項目を選択し、実現を訴えた。また、買い物に訪れていた40代男性からは「ネット上の誹謗・中傷は社会問題になっている。対策を進めてほしい」との声が寄せられた。

菅生県青年局長は、アンケートの結果を踏まえ「いただいた声をしっかりと国に届け、取り組んでいきたい」と述べていた。

【党奈良・青年局】

公明党奈良県本部青年局(局長=亀甲義明県議)は23日、奈良市内にあるJR奈良駅と近鉄・奈良駅で、「VOICE ACTION2021」を行った。これには亀甲県青年局長と青年党員らのほか、森岡ひろゆき、伊藤つよし、みやいけ明、くり雄二、ふじ田さちよ、田畑ひさえ、そうだ哲朗の各奈良市議(いずれも市議選予定候補)が参加。五つの政策項目を記したパネルを持ち、通行人らに実現してほしいものを選んでもらった。

アンケートに答えた男性からは「悩みがある人の声を日頃から聞ける体制が必要ではないか」との声が寄せられた。

亀甲県青年局長は「若者に支援策の情報を発信していくことが大事。声を政治に反映できるよう取り組んでいきたい」と語った。