NEWS

青年委が政府に緊急要請/感染防止へSNS、動画 フル活用し若者啓発を

2021 . 01 . 17

新型コロナウイルス感染の深刻化を受け、公明党青年委員会の矢倉克夫委員長と三浦信祐青年局長(ともに参院議員)は15日、内閣府で、西村康稔経済再生担当相と会い、政府の情報発信の強化を柱とする若者世代の行動変容に関する緊急要請を行いました。西村担当相は「若い人たちに伝わるように発信していきたい」と応じました。

席上、矢倉委員長は、感染者が増加している30代以下の多くは無症状・軽症であるものの、外出や飲食などで感染が拡大する恐れがあると指摘。その上で、「今の感染の広がりは若者に責任があるというのではなく、若者と政府が同じ思いで感染症を克服していこうと若者に行動の変容を呼び掛けてもらいたい」と訴えました。

具体的には、テレビやラジオ、新聞などを視聴・閲覧しない若者にも、新型コロナに関する情報が十分に行き届くようにするため、SNS(会員制交流サイト)や動画などインターネットをフル活用することを要望。

また、感染防止に有効な行動の必要性を訴える際は、若者世代に強い影響力を持つ「インフルエンサー」や著名人と協力し、動画などでメッセージを発信していくことを提案しました。

さらに、矢倉委員長は「若者自身が自分のこととして実感できる形で新型コロナのリスクを周知啓発していくことが重要だ」と力説。プライバシーに配慮しつつ、実際に感染した若者のインタビューや、後遺症の影響などを伝えることを求めました。