NEWS

新型コロナ 帰国が難しい日本人留学生「奨学金を継続」/待機の宿泊施設、廉価で貸す/三浦氏の訴えに文科相答弁

2020 . 03 . 26

25日の参院予算委員会で萩生田光一文部科学相は、新型コロナウイルスの感染拡大で帰国が難しい日本人留学生に関して、「奨学金による支援を継続することを24日に決定した」と述べた。公明党の三浦信祐氏に対する答弁。

日本学生支援機構の奨学金については、学生の身の安全を守る観点から、留学中の国や地域が不要不急の渡航中止を促す感染症危険情報のレベル2以上となった場合、速やかな帰国を促すため、支給を停止することになっていた。

また、萩生田文科相は、日本人留学生が帰国後に自宅やホテルなどで2週間待機を要請する対象となった場合、「文科省が所管する施設を廉価で貸す手続きを進めている」と述べた。

一方、三浦氏は、神奈川県逗子市で発生した民有地の斜面の崩落事故に触れ、急傾斜地に面した公道の安全対策を早期に実施すべきと強調。赤羽一嘉国土交通相(公明党)は「安全・安心な国土造りに寄与していけるように取り組む」と応じた。