NEWS

日本語 教育環境つくる/外国語大学 学生と懇談

2019 . 12 . 23

【マンダレー22日=光延康治】公明党の山口那津男代表は22日昼、ミャンマー・マンダレーで、国立マンダレー外国語大学の学生らと和やかに懇談した。党訪問団の谷合正明国際委員長(参院幹事長)、浮島智子衆院議員、魚住裕一郎前参院議員が同席した。

ミャンマーでは、公的な学校教育として日本語教育が行われているのは、同大学とヤンゴン外国語大学の2校のみ。日本語学科は英語学科と並んで人気が高いという。

山口代表は、日本に留学経験のある学生の進路などを聞きながら、「これからも頑張ってください」などと述べ、握手を交わして激励した。懇談終了後、山口代表は「皆さんが日本語を生かして、やりたい仕事に就くことができるように支援したい」と強調。「今後もミャンマーの人が日本語を学びやすい環境づくりに取り組む」と語った。

この後、山口代表らはマンダレーの各地を視察し、同日夕刻発の飛行機でヤンゴンに戻る予定。