NEWS

若者の声しっかり反映/政治参加などテーマに議論/大学祭で矢倉青年委員長

2019 . 11 . 04

公明党の矢倉克夫青年委員長(参院議員)は2日、大学祭が開催されている東京都新宿区の早稲田大学を訪れ、政治に若者の声を届ける活動をしている日本若者協議会と同大学の政治系サークルによるパネルディスカッションに参加した。

パネルディスカッションでは、各党の国会議員と学生の代表3人が、被選挙権年齢の引き下げや若者の政治参加について活発に議論。この中で矢倉氏は、若者と政党がつながるためには、一番身近な地方議員の役割が重要だと強調した上で「若者の声をしっかりと政治に反映させ、自分の意見が政治に届くと実感してもらえるよう全力を尽くす」と訴えた。