NEWS

図書館でWi―Fi使える/ボイス・アクションから実現/区内10カ所 若者の声カタチに/東京・文京区

2019 . 04 . 12
図書館サービスの向上のため、東京都文京区は今年度、区立図書館と図書室で、誰でも無料でインターネットに接続できる公衆無線LAN(Wi―Fi)の運用を開始する。さらに区立図書館全館に防犯カメラを配置する。昨年6月に青年党員を中心に実施した政策アンケートの取り組みや、公明党区議団(岡崎よしあき幹事長=区議選予定候補)の議会質問や予算要望が後押しした。

文京区は、Wi―Fiを今夏、区立の全図書館と根津図書室、大塚公園みどりの図書室の計10カ所に設置する予定だ。このWi―Fiでインターネットを使うには、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などでアカウント登録し、スマートフォンやタブレットで「Bunkyo Free Wi―Fi」に接続。1回に付き30分間、再接続すれば何度でも利用できる。英語と中国語、韓国語の海外3言語にも対応している。

Wi―Fi設置は、公明党が一貫してリードしてきた。昨年6月、党文京総支部の青年党員らを中心に、図書館などへのWi―Fiスポット拡充を含めた、計4項目の政策を選択肢にしたアンケート「Bunkyo Voice Action」(文京VA=ボイス・アクション)を実施。回答者533人のうち、100人を超える区民からWi―Fiの拡充を望む声を集めた後、青年党員は昨年8月に、要望書を公明党区議団とともに、成澤廣修区長に提出していた。

党区議団も2015年10月の区議会決算審査特別委員会で岡崎議員が区内各所への設置を主張。19年度予算要望で、図書館へのWi―Fi設置を求めていた。

文京VAに携わった区内在住の中沢裕子さんらは「実際に区に届けた声が実現してうれしかった」と笑顔を見せていた。

サービス向上、公明がリード

党区議団はこれまでも、図書館サービスの向上に力を注ぎ、本の汚れを取る「ブックシャワー」や、障がいがあっても楽しめるように写真や絵などを多く盛り込んだ「LLブック」の導入を実現してきた。

安全強化の防犯カメラ設置も

さらに、図書館の防犯対策を強化するため、防犯カメラの設置が前進する。18年2月定例会で渡辺智子議員が、「図書館全館への防犯カメラ設置に取り組むべきだ」と訴えたほか、19年度予算要望などでも要請。図書館の各フロアや玄関などに順次、防犯カメラを取り付けていく運びとなった。

区立真砂中央図書館の川﨑慎一郎館長は、「安全・安心な施設への第一歩。今後も幅広い世代に利用してもらいたい」と語っていた。