NEWS

VAで若者の声をカタチに/党岩手県青年局

2019 . 02 . 05

公明党岩手県本部青年局(局長=小林正信盛岡市議)はこのほど、盛岡市内で政策アンケート「VOICE ACTION(ボイス・アクション=VA)2019」を展開した。これには小林局長のほか、伊達康子、池野直友の両市議、太田隆司党副支部長が参加し、青年党員らと共に市民に協力を呼び掛けた。

アンケートに応じた子育て中の女性は「食費の負担が和らぐ軽減税率は助かる」と述べ、20代の男性からは「時給をもっと上げてほしい」との声が寄せられた。

小林局長は「党のネットワークの力を生かして若者の夢を“カタチ”にしていく」と決意を語っていた。