NEWS

各地で「成人の日」街頭演説会/希望あふれる未来つくる/ボイス・アクション 若い世代の思いに耳傾け

2019 . 01 . 15
公明党は14日を中心に、全国各地で成人の日記念街頭演説会や、若い世代に政策課題を聞くボイス・アクションを活発に実施した。

20190115_2_11【北海道】党北海道本部札幌中央総支部(総支部長=本郷俊史札幌市議)は14日、札幌市中央区で街頭演説会を開催。本郷市議のほか、くまがい誠一党道青年局次長(市議選予定候補)や青年党員有志が参加した。

くまがい道青年局次長は、党青年委員会の政策アンケート「ボイス・アクション」を紹介し、「若者の声を政策に生かす」と決意を語った。

 

20190115_2_12【東京】党東京都本部目黒総支部(総支部長=斉藤泰宏都議)は14日、目黒区内で「成人の日」記念の街頭演説会を開いた。斉藤総支部長が地元区議と共に新成人にエールを送った。

斉藤総支部長は、公明党が推進した返還不要な給付型奨学金の拡充や幼児教育無償化などの実績を紹介した上で、「若い世代の皆さんの声を受け止め、政策実現に全力で取り組む」と訴えた。

20190115_2_13【千葉】公明党の田村こうさく県議(県議選予定候補)は14日、党千葉県本部青年局(局長=仲村ひであき県議、県議選予定候補)が千葉市内で実施したボイス・アクションに参加。市議、青年党員らと共に協力を呼び掛けた。田村県議は「若い皆さんの声から政策立案し、地方議会や国政を通じて実現していく」と力説。多くの新成人がアンケートに協力し、「最低賃金を上げてほしい」などの声が寄せられた。

 

20190115_2_14【静岡】党静岡県本部(代表=大口善徳衆院議員)は14日、県内各地で街頭演説会を開催した。富士市内では、早川いく子県女性局長(県議、県議選予定候補)が市議と共に演説。党の政策アンケート「ボイス・アクション」に寄せられた声を基に、県に対して不育症の治療費助成や相談窓口拡充などを求め、実現したことを紹介。「若者が希望を持てる社会を構築する」と力説した。

 

20190115_2_15【京都】党京都府本部青年局(局長=国本ともとし京都市議、市議選予定候補)は14日、京都市内でボイス・アクションを展開した。これには、林まさき府議(府議選予定候補)、西山のぶまさ市議(市議選予定候補)らが参加し、新成人となった若者の声を聞いた。

「携帯料金を下げてほしい」「時給のアップを」などの要望を聞いた林、西山の両議員は「しっかり取り組んでいく」と語った。

 

20190115_2_16【大阪】党大阪府本部(代表=佐藤茂樹衆院議員)は14日、府内各地で街頭演説会を開催。このうち大阪市都島区では、杉ひさたけ参院議員(参院選予定候補=大阪選挙区)と、はちお進市議(市議選予定候補)が新成人を祝福した。

杉氏は、給付型奨学金など公明党の青年実績を紹介し、「一人一人の声を政治の場で実現していく」と力説。はちお市議は、婚活支援などの実績を訴えた。

20190115_2_17【兵庫】公明党の高橋みつお青年局次長(参院選予定候補=兵庫選挙区)は14日、兵庫県宝塚市で「成人の日」記念街頭演説会を開催。これには伊藤孝江参院議員、地元市議が参加した。高橋氏は県内各地で数多くの青年の声を聞いてきたと強調。最低賃金のアップや奨学金制度のさらなる充実などに挑戦し、「若者が夢を実現し、日々の努力が報われる希望あふれる社会をつくりたい」と訴えた。

 

20190115_2_18【岡山】党岡山県本部は12日、岡山市内で「成人の日」記念の街頭演説会を開いた。谷合正明県代表(参院議員)は、「公明党はこれまで、『ボイス・アクション』や『ユース・トーク・ミーティング』の際に頂いた青年の声を政策に反映させ、最低賃金のアップや幼児教育の無償化などにつなげてきた」と強調。「今後も若者が希望を持てる社会の実現へ全力を挙げる」と訴えた。

 

20190115_2_19【香川】公明党の石田祝稔政務調査会長は13日、高松市内で開催された党香川県本部(代表=つづき信行県議、県議選予定候補)の「成人の日」記念の街頭演説会に県議、高松市議と共に参加した。

石田氏は、政策アンケート「ボイス・アクション」で寄せられている声について、「公明党は若者政策に力を入れている。要望の実現に向けてしっかりと取り組む」と力説した。

20190115_2_20【熊本】党熊本県本部青年局(局長=浜田だいすけ熊本市議、市議選予定候補)は14日、熊本市内で成人の日を記念した街頭演説会と、ボイス・アクションを開催。県議と市議らが参加し、新成人の門出を祝福した。街頭演説会で城下こうさく県代表(県議選予定候補)は「雇用環境の改善など、若者が暮らしやすい街づくりに向け、支援拡充に取り組む」と訴えた。