NEWS

若い世代の声 政策に反映へ/活発に職業別懇談会「未来カフェ」/10月は「介護」や「教育」テーマに高橋氏らと意見交換/兵庫でプロジェクト

2018 . 11 . 08
若い世代の“生の声”を政策に生かそうと、公明党「兵庫の未来」プロジェクト(PJ)は、10月から職業別懇談会「未来カフェ」(会費制)を順次開催しています。同PJの高橋みつお事務局長(参院選予定候補=兵庫選挙区)と国会議員らが中心となって実施しているもので、1回目は介護現場で働く人、2回目は教員が参加しました。それらの模様を紹介します。

20181108_8_2初回の「未来カフェ」は10月10日、神戸市中央区で、「介護」をテーマに介護・障がい者施設で働く若者らと活発に意見交換を行いました。これには、高橋氏のほか、伊藤孝江参院議員、島山清史党県青年局長(県議)らが参加しました。

懇談会では、介護施設の運営に携わっている山下秀樹さん(36)が「介護人材を募集しても集まらず、施設の新規開業ができない」と現状を吐露。グループホームの事務を担当している野上紀夫さん(41)も「開業して数年たつが、運営がままならない」と、慢性的な人手不足が続いている窮状を訴える声が相次ぎました。また介護老人保健施設で働く女性(33)は「精神的な負担もあるので離職者が多い」と訴え、ストレスチェックなど心のケアの定期的実施を要望しました。このほか、介護福祉士の受験資格基準の緩和など若い介護人材を増やすための取り組みや、介護職のイメージアップ、人材育成への支援の充実を求める意見も寄せられました。

高橋氏は「改めて介護現場の大変さを感じた」とし、「皆さんの声を政策に反映させていきたい」と力説。伊藤さんは「介護職にやりがいを持ち続けてもらえるよう、環境整備を進めていく」と応じていました。

11、12月にも開催を計画

20181108_8_3一方、2回目は同月14日、神戸市須磨区で高橋氏らが参加し、開催されました。「教育」をテーマに小学校教諭や常勤講師らと共に懇談。参加者からは「一人の教員にかかる負担が大きい」と多忙な教育現場の実情を訴える声が多く上がりました。

2020年から実施される英語教育の教科化、プログラミング教育について、藤原健人さん(28)は「業務が増えていくのではないかと不安を感じている」と指摘し、課題の解決に向けて、副担任制や教員の増員などを提案。男性教諭(36)は「特に配慮が必要な児童を持つ家庭や教員への支援があれば」と話し、常勤講師の女性(34)は「新任教員へのサポート体制が必要」と主張。また「事務作業が多く、授業準備に時間を割くことができない」「少人数学級を実現してほしい」との意見も寄せられました。

高橋氏は、「子どもたちともっと向き合うことができる教育の実現をめざしたい。また子どもの貧困や教育格差の解消にも取り組んでいく」と決意を。伊藤さんは「頂いた意見は県、市と連携し政策に反映させていく」と答えました。

いずれの懇談会でも、参加者からは「現場の状況を知ってもらい、問題意識を共有できた」「有意義な時間を過ごせて良かった」との感想が寄せられました。

なお、「未来カフェ」は11月下旬と12月中旬にも開催を予定しています。