NEWS

奨学金 保証人1人でOK/Uターン条件に返還免除/岐阜県

2018 . 03 . 19

岐阜県は2017年度から、「清流の国ぎふ大学生等奨学金」の申請時に必要な保証人を2人から1人に減らしている。

この奨学金は、県内の高校を卒業し県外の大学などに進学した学生のUターン促進を目的に16年度に開始。貸与額は月3万円。大学などを卒業後、県内で5年間就業することなどを条件に返還が免除される。17年度から保証人を2人から1人にしたほか、専修学校への進学者も対象とし、定員を120人に増やした(16年度は100人)。

この奨学金を受けて東京の私立大学に通う女子学生は「経済的な負担が大きいので、本当に助かっています。返還が免除されるという制度は大変ありがたいです」と語っていた。

公明党の澄川寿之県議は16年9月の定例議会で同奨学金制度について質問し、保証人を立てられない人のため要件を緩和するよう主張していた。