NEWS

若者の声から施策拡充/東京ボイス・アクションなど説明/研究大会で佐々木局長

2017 . 06 . 05

公明党の佐々木さやか学生局長(参院議員)は4日、日本地方政治学会・日本地域政治学会が都内で大学生らを対象に開催した研究大会に各党代表者と出席し、東京都政の改革に向けた公明党の取り組みを説明した。

佐々木局長は、公明党が国と地方の双方で進学や就職の支援策などを拡充させてきたことを強調した。

その上で、党都本部青年局が若者政策アンケート「TOKYO VOICE ACTION(東京VA=ボイス・アクション)」を展開したことに言及。

寄せられた声を力に、都議会公明党が議員報酬削減や私立高校授業料の実質無償化の実現をリードした経緯に触れ、今後も「施策の拡充に向け、若者と一緒に取り組んでいく」と語った。