NEWS

若者は政治を動かせる/千葉の県立高で政策発表会/平木氏が呼び掛け

2016 . 06 . 21

公明党青年委員会の平木大作副委員長(参院議員)は20日、千葉県流山市の県立流山おおたかの森高校で開かれた政策発表会に各党の代表と共に出席した。発表会は18歳選挙権の導入を踏まえて行われ、同校の3年生が参加した。

平木氏は、公明党が奨学金の充実に力を入れている理由について、「子どもの将来は生まれ育った環境によって左右されてはならないからだ」と強調。その上で、「返済不要の給付型奨学金の創設をめぐって各党の本気度が問われているが、約半世紀前に国会で取り上げた公明党として全力で取り組む」と語った。

また、経済再生や少子化対策に関する党の考えや実績を紹介した。

最後に、政治が生活に密接につながっていることを指摘し、「若い世代が声を上げたら必ず政治は動く。政治を諦めないでほしい」と呼び掛けた。