NEWS

100万件突破! VOICE ACTION(ボイス アクション)/「雇用」「子育て」に期待/若者から大きな反響

2016 . 03 . 08

若者の声を政治に届ける―。公明党青年委員会(委員長=石川博崇参院議員)が全国各地で展開している政策アンケート「VOICE ACTION」(VA、ボイス・アクション)への回答数が7日、100万件を突破した。

VAは18~30歳代を対象に昨年秋に行った青年政治意識調査7000人超の声を基にしたもの。意識調査で要望が強かった五つの政策案から特に実現してほしい項目を若者に選んでもらう。回答結果は、今夏の参院選の重点政策に反映させる。

7日時点で最も多かった回答は、「非正規雇用の待遇改善や最低賃金1000円(時給)」と「不妊治療の公費助成や幼児教育の無償化」で、ともに25%を占めている。続いて、「無料で使える公衆無線LANの充実」と「月曜午前半休の促進など働き方・休み方改革」(ともに20%)、「婚活や新婚世帯の支援」(10%)の順になっている。

党青年委は今年1月から全国各地で街頭アンケートなどを展開。今回の100万件突破は、こうした対面式による回答に加え、インターネット上の特設サイトに寄せられた回答の総数。