公明新聞・東日本大震災10年特集公明新聞・東日本大震災10年特集

証言集

津波から逃げた教訓伝えたい
阿部優大さん(教員)

あの日から、明日へ 3.11私たちの証言

2021.03.11

教員・阿部優大さん

 中学校の卒業式を終え、謝恩会に父と参加していた時、あの地震がありました。急いで内陸側の自宅へ戻りましたが不安になり、もっと高い裏山へと逃げました。

 そこから見えた黒い津波に家々が流される光景に「夢でも見ているのか」という気持ちになりました。

 幸い、家族も自宅も無事でしたが、けたたましいサイレンの音と余震に恐怖を覚えたことは忘れられません。

 あの日、海側の自宅に戻った同級生の一人が亡くなり、とても胸が苦しくなりました。

 昨年からは、震災の伝承活動団体「やまもと語りべの会」に入り、自身の“あの日”の体験を話すことも。また、命を守る知識を身に付けるため、兄弟3人で防災士の資格も取得しました。

 多くの人に山元町に足を運んでもらい、津波の怖さを見て、感じてほしい。命の大切さやあの日の教訓を伝えていきます。(宮城・山元町在住 25歳)