公明新聞・東日本大震災10年特集公明新聞・東日本大震災10年特集

「人間の復興」へ 公明新聞東日本大震災取材班

SCROLL

東日本大震災から10年。 あの日、突然にして多くの人が大切な家族や友人を亡くし、 愛する故郷を失った。 岩手、宮城の両県にあっては、復興のまちづくりは総仕上げに入ったが、 地域ごとに抱える課題は、多様化している。

福島県は、東京電力福島第1原発の事故から ようやく本格復興へのスタートラインに立ったばかり。

「もう10年」、それとも「まだ10年」か。 一人一人が異なる時間軸を生きる中で、 前を向き、歩み出している人がいる。 いまだ震災と向き合えずにいる人もいる。

私たちは、寄り添い続ける、これからも。 誰もが「心の復興」をかなえ、 「人間の復興」を成し遂げる、その日まで。 そして、創造的未来へ、経験と教訓を伝え続けたい。 10年の節目を迎える今、 その決意を新たにする。

公明新聞東日本大震災取材班

PICK UP

フォトルポ | 2021.03.18 浜辺に響く追悼の音色
福島・相馬市

行きつ戻りつ訪れる春のように、復興へ一歩また一歩と進む人々の姿を追う。=東日本大震災取材班

NEW

VRアーカイブ・
被災地の今

SPECIAL CONTENTS

記事一覧