Book Review

マンガde社会問題

文/前原政之(フリーライター)

第10回:日暮キノコ『ふつつか者の兄ですが』

「ひきこもり問題」を、青春マンガの鋳型に入れた秀作

「ひきこもり」は、この問題の第一人者と目される精神科医・斎藤環氏によれば、次のように定義される。
 「六ヵ月以上、自宅に引きこもって社会参加をしない状態が持続しており、ほかの精神障害がその第一の原因とは考えにくいもの」(斎藤環著『社会的ひきこもり』PHP新書/1998年刊)
 2010年に内閣府が発表した調査によれば、日本にはいま、約70万人の「ひきこもり」がいるとされる。データがやや古いが、その後大がかりな全国調査は行われていないため、関連書籍などではこの「約70万人」という数字がよく用いられる。
 ひきこもり人口の正確な把握は難しいが、日本におけるひきこもりが社会問題と呼び得る規模になっていることはたしかである。 
 マンガの世界にも、ひきこもりの問題を扱った作品は、すでに少なからずある。ただ、ひきこもりを極端に戯画化・デフォルメして描く作品(古谷実の『サルチネス』など)が目立ち、社会問題としてストレートに描いたものはごく少ない。
 その中にあって、今回取り上げる日暮(ひぐらし)キノコの『ふつつか者の兄ですが』は、私の知るところでは最もリアルにひきこもり問題を描いたマンガである。
 主人公・田処志乃(たどころ・しの)は、ひきこもりの兄を持つ女子高生だ。
 この作品は当初、ひきこもりの男性を主人公として構想されたという。他のマンガ誌に構想を持ち込んだところ、「話が地味すぎる」という理由でボツにされたのだとか。その構想を、妹を主人公にする形にアレンジし、現在の連載誌『モーニング・ツー』で陽の目を見たのだ。
 そうした経緯が、結果的には本作の魅力に結びついた。ひきこもり本人ではなく、その親でもなく、妹の視点から描いたことで、類似作にはない客観性と重層的な深みが生まれたのだ。
 これは、恋にときめき、バイトに励むフツーの女子高生を描いた青春マンガでもある。ただし、主人公にひきこもりの兄がいることが、その青春に特異な陰影を与えている。ひきこもりという社会問題を描きながらも、作品自体は随所に笑いをちりばめた「青春コメディ」だという、ひねりの効かせ方が斬新だ。

講談社「モーニングKC」

自伝的作品ゆえのリアリティと、繊細な心理描写

ヒロインの志乃は、高校の同級生たちにひきこもりの兄がいることを言い出せず、自分はひとりっ子だとウソをついている。ところが、4年間ひきこもっていた兄が、突然部屋から出てきて、社会復帰に向けての努力を始める。
 ひきこもりを描いたよくある物語なら、部屋から出ることはいちばん感動的な場面だろう。だが、この作品ではそうではない。兄が部屋から出ることは、志乃にとって、自分のウソが友人たちにバレるリスクが生じる「ピンチ」なのだ。
 だからこそ、バイトからの帰りが遅い志乃を心配して迎えに行った兄に、志乃は思わずこう言ってしまう。
 「勝手に出てきたクセに、兄貴ヅラしないでよ。あたし、バイト先でも学校でもひとりっ子ってことにしてんの。だからさぁ、こういうのすっごい迷惑!!」(句読点は引用者補足)
 しかしそのあとで、志乃は自分の口をついて出た言葉の冷たさに胸を痛める。そのようなひねり方がうまいし、この作者は登場人物の心理描写が繊細で巧みだ。
 日暮キノコへのインタビュー記事によれば、志乃の兄・保(たもつ)のモデルは彼女の兄なのだという。
 「保と同じで、うちの兄も引きこもりだった時期があるんです。今は妹のサイン会に来るぐらい元気なんですけど(笑)、私が中学高校ぐらいかな? 自分の部屋に引きこもっている時期が何年かあって」(『ダ・ヴィンチ』2016年3月号)
 志乃の心の揺れ動きや、保の言動の一つひとつがすこぶるリアルなのは、作者の実体験がベースとなっているからなのだ。
 連載は、まだ道半ば。コミックスの既刊2巻では、保がバイトを始めて悪戦苦闘するなど、社会復帰途上の様子が描かれる。
 これは、1人のひきこもり男性(ひきこもりは男性に多い)の“生き直し”の物語であり、妹が兄と力を合わせて家族を再生させていく物語でもある。ひきこもり問題への理解を深めるとともに、ひきこもりの家族を持つ読者を勇気づけてくれるマンガだ。

コラム/高齢化の進行で深刻化する「ひきこもり」

『ふつつか者の兄ですが』の兄・保は、19歳の若者である。一般的にも、「ひきこもり=若者」というイメージがあるだろう。
 だが、ひきこもりを「若者問題」としてのみ捉えることは、もはや時代遅れになりつつある。もちろん若者問題でもあるのだが、それだけではない。ひきこもりの長期化・高齢化が進行しているからだ。
 斎藤環氏は、さきごろ文庫化された著書『ひきこもり文化論』(ちくま学芸文庫/2016年4月刊)の「文庫版 補足と解説」の中で、次のように書いている。
 「ひきこもり問題はゆっくりと深刻化しつつあります。最大の問題は、当事者とその家族の高齢化が急速に進行しつつあることです。最近の私の調査では、当事者の平均年齢は三四・四歳、両親の平均年齢は六五・五歳でした。もはやひきこもりは『青少年の問題』ではなくなりつつあるのです」
 ひきこもり問題をずっと取材してきたジャーナリストの池上正樹氏も、著書『大人のひきこもり』(講談社現代新書/2014年刊)の中で、ひきこもりの高齢化に警鐘を鳴らしている。
 「二◯一三年の山形県や二◯一四年の島根県の『ひきこもり実態調査』によれば、四◯歳以上のひきこもり者の人数は全体の四五~五三%。東京都町田市の実態調査でも、四◯歳以上は三◯%を超えている」
 こわいのは、ひきこもり人口を約70万人と推定した2010年の内閣府調査が、39歳までしか対象としていなかったこと。つまり、相当数に上るはずの「40歳以上のひきこもり」は、抜け落ちてしまっていたのだ。
 若者のひきこもりよりもいっそう深刻な、中高年のひきこもりをリアルに描いたマンガの登場が待たれる。