Book Review

マンガde社会問題

文/前原政之(フリーライター)

第6回:さそうあきら『花に問ひたまへ』

視覚障害者の日常を巧みに織り込んだ、清冽なラブストーリー

聴覚障害者の少女をヒロインとしたマンガ『聲(こえ)の形』(大今良時)が大ヒットするなど、近年は障害者が主人公となるマンガも少なくない。
 だが、障害者の世界を描くマンガのパイオニア・山本おさむの著書『「どんぐりの家」のデッサン――漫画で障害者を描く』(岩波書店)によれば、彼がこの分野の初作品『遙かなる甲子園』の連載を始めたころ(1988年開始)、障害者を主人公にすることはマンガ界のタブーであったという。
 山本を筆頭に、真摯なアプローチで障害者を描くマンガ家が増え、やみくもなタブー視が解消されてきたことは喜ばしい。
 今回取り上げる『花に問ひたまへ』も、視覚障害者の青年を主人公とした作品である。作者のさそうあきらは、それぞれ映画化もされた音楽マンガの傑作、『神童』『マエストロ』で知られる名匠。 
 この『花に問ひたまへ』は、『神童』や『マエストロ』に比べたら地味な作品であり、さそうあきらの代表作にはならないかもしれない。それでも、さわやかな感動を呼ぶ佳編である。
 山本おさむの『どんぐりの家』などが障害者の世界を真正面から描いているのに対し、本作はラブストーリーである。生まれつき目の見えない青年・一太郎と、晴眼者(視覚障害者の対義語)の若い女性・ちはやの恋を描いているのだ。
 ただ、そのラブストーリーの中に、視覚障害者の日常が巧みに織り込まれている。2人の出会いからして、駅のエスカレーターを駆け上がっていた、ちはやが、一太郎の持つ白杖を誤って蹴落としてしまう、というものなのだ。
 ヒロイン・ちはやは、アルコール依存症の父親を抱え、貧しい生活を支えるため、ダブルワークで身を粉にして働いている。自らの不遇にささくれだった彼女の心が、一太郎と周囲の人々のあたたかさに触れ、少しずつ解きほぐされていく。
 視覚障害者の一太郎が、その大らかな心によって、ちはやに生きる希望を与えていくという展開が面白い。「障害者は手を差し伸べられる側」というステレオタイプな思い込みを、さそうあきらは鮮やかに逆転させてみせたのだ。

『花に問ひたまへ』アクションコミックス (双葉社)

「心のバリアフリー」のきっかけとなるマンガ

コミックスの巻末には、「京都府立盲学校の先生方」などと、取材協力者の名が列記されている。綿密な取材に基づいて描かれた視覚障害者の暮らしのディテールが、すこぶるリアルだ。
 たとえば、一太郎が駅のホームから転落し、見知らぬ人に助けられる場面がある。そのとき一太郎がちはやに言うセリフは、「盲人の友人はみんな一回はホームから落ちてるんだけどさ」というものだ。
 じっさい、日本盲人会連合が2011年に行ったアンケート調査によれば、視覚障害者の約4割が「(ホームから)転落したことがある」と答え、約6割が「転落しそうになったことがある」と答えている(立花明彦著『何かお手伝いしましょうか ~目の不自由な人への手助けブック~』産学社/2014年)。
 また、視覚障害者の友人が工事用カラーコーンにつまずいて転び、ケガをする場面もある。「いつもないもの」が道にあると、視覚障害者は不意をつかれてしまうのだ。そのとき一太郎は、サッと財布からバンドエイドを取り出す。「オレらこういうことありがちなんで、持ち歩いてるんだ」と……。
 視覚障害者にとって、街は危険に満ちた場所でもあるのだ。
 ほかに、「傘さすと音が聴きとりづらくなるので……」と、一太郎が少しの雨なら傘をささない、という描写もある。そのように、視覚障害者にしかわからないことが、読者に確かなリアリティで伝わってくる作品なのである。
 全盲の米国人マイケル・ヒングソン氏(「9・11」のとき、世界貿易センタービルの78階から盲導犬と奇跡の生還を遂げたことで知られる)は、著書の中で「視覚障害はハンディキャップではない。本当のハンディキャップとは、人々の視覚障害者に対する差別から生まれるものだ」と述べている。
 視覚障害者がどのような危険と不便にさらされているかを、晴眼者の側がよく知り、的確に手助けできれば、障害者のハンディキャップを軽減させることができる。それは、段差の解消などの物理的バリアフリーを補う、「心のバリアフリー」とも言える。『花に問ひたまへ』は、そのためのきっかけを与えてくれる作品でもある。  

コラム/「バリアフリー先進国」に住みながら……。

「最近いろいろあるね。白杖につまずいたって、後ろから蹴られた女の子がいた。盲導犬が飼い主の知らないところでいたずらされていたりした。悲しいね」
 ――『花に問ひたまへ』には、そのようなセリフが出てくる(句読点は引用者補足)。
 白杖や盲導犬、点字ブロック(視覚障害者誘導用ブロック)などに対する無理解が引き起こす悲しい事件は、後を絶たない。白杖で点字ブロックをコツコツ叩きながら歩いていた女性を、年配の男性が「うるさいよ!」と怒鳴りつけたのを見た――そんな新聞投稿も、最近あった。
 日本は点字ブロックが生まれた国であり、点字ブロックの敷設距離世界一の国でもあるという(前掲『何かお手伝いしましょうか』による)。そのような、いわば「バリアフリー先進国」に住みながら、視覚障害者に対する手助け意識の低い人が多いとしたら、なんとも残念なことだ。
 その意味で、マンガという敷居の低いメディアが視覚障害者の世界を正しく描くことの社会的意義は、すこぶる大きいといえよう。
 なお、全国の駅への点字ブロック普及推進、転落防止のためのホームドア設置推進、交通事業者に駅などのバリアフリー化を義務付ける「交通バリアフリー法」の成立(2000年)に、公明党が主導的役割を果たしたことも、一言しておきたい。