福島への「被災地応援ツアー」

東京都が旅行代金を助成、公明の主張で今年度も継続

原発事故の風評被害に今も悩まされている福島県の観光を支援するため、福島への旅行代金を助成する東京都の「被災地応援ツアー」が好評です。都議会公明党がいち早く「被災地の観光振興につながる支援を」と訴え、2011年9月からスタート。今年度も公明党の提案で継続され、2万泊(日帰りは1万5000回)分が用意されました。

応援ツアーへの助成は、都内に在住、在勤、在学している人が対象。都に登録した旅行業者193社が実施するツアーに申し込むと、1泊3000円(2泊まで)、日帰りで1500円の割引が受けられます。

旅行商品は、例えばある旅行会社は、温泉レジャー施設・スパリゾートハワイアンズを観光する日帰りツアーを企画。また、他の会社では「会津若松」を散策し、穴原温泉で宿泊するコースを組むなど、添乗員が同行するツアーもあれば、自由に組み立てられる個人旅行も用意。このほか、マイカーを利用した宿泊のみのプランを組んでいる業者もあります。

福島市の土湯温泉・山水荘の女将で、土湯女将会の会長を務める渡辺いづみさんは、「観光客の中でも都の制度を使った関東からのお客さんが確実に増えています」と強調。「リピーターになる人もいて本当に助かっています」と、喜びを語っています。

指定の旅行業者や申し込みなどの詳細は、東京観光財団のホームページ(http://www.tcvb.or.jp/ja/fukushima/)で確認できます。

文中敬称略、肩書は当時
2013年4月29日付 公明新聞