ベビーカーマーク

公明新聞:2018年5月1日(火)付

大切な命 温かく見守って
きょうから啓発キャンペーン

子育て団体や鉄道会社などでつくる「公共交通機関等におけるベビーカー利用に関する協議会」は、きょう5月1日から31日までの1カ月間、ベビーカー使用者と周囲の人たちの相互理解を促すキャンペーンを展開する。

期間中は、電車などで、ベビーカーを折り畳まずに安心して利用できることを示す「ベビーカーマーク」の周知を推進。ホームページを活用して、同マークを広く案内するほか、全国の鉄道駅などで、ベビーカー使用者への温かい気遣いと見守りを促す啓発ポスターを掲示する。

全国統一のベビーカーマークは、ベビーカーに子どもを乗せた人たちが、気兼ねなく公共交通機関を利用できるよう、国土交通省が2014年3月に制定。混雑時の電車内などで、厳しい視線にさらされることもあるベビーカー使用者に、安心感を持ってもらえる環境整備をめざしている。

ベビーカーマークについて、13年5月の参院予算委員会で公明党の山本香苗さんが、全国統一マークの作成を主張。同年6月には、子育て中の母親たちと太田昭宏国交相(当時)に申し入れを行い、実現した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読