福田財務次官が辞任

公明新聞:2018年4月19日(木)付

記者団に見解を述べる大口国対委員長=18日 国会内記者団に見解を述べる大口国対委員長=18日 国会内

組織立て直しへ決断
大口氏

週刊誌で女性記者へのセクハラ疑惑が報じられた財務省の福田淳一事務次官は18日、麻生太郎財務相に辞職を申し出、同財務相がこれを認めた。これを受け、公明党の大口善徳国会対策委員長は同日、国会内で記者団に対し、大要次のような見解を述べた。

一、財務省が文書改ざん問題で大きく揺れ、組織を立て直し、国民の信頼を回復しなければいけない時に、セクハラ疑惑が出てきた。立て直しが難しいと福田氏は感じていたのではないか。速やかに調査し、本人が説明責任を果たすべきだと言ってきたが、この決断を了としたい。

一、(政権運営への影響について)安倍晋三首相と麻生財務相のリーダーシップの下、組織の立て直しを進めることが国民の信頼回復に不可欠だ。国会としても、行政に対して事態の解明を求め、チェック機能を果たしていく。

一、(財務省の調査手法について)同省と顧問契約を結んでいる法律事務所が対応したことは、中立性に対して理解を得ることができないのではないか。(被害に遭った)女性の人権を最大限尊重すべきだ。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読