電子決裁 拡大検討を

公明新聞:2018年4月17日(火)付

質問する佐々木さん=16日 参院決算委質問する佐々木さん=16日 参院決算委

文書改ざん再発防止で
佐々木さん

16日の参院決算委員会で公明党の佐々木さやかさんは、学校法人「森友学園」を巡る財務省による決裁文書改ざん問題の再発防止に向けて、政府の対応をただした。

佐々木さんは、公文書管理について国民から失った信頼を回復するためには、徹底した調査と対策が重要だと強調。「電子決裁の拡大を含めた管理のあり方について、法改正を含めた検討が必要」と訴えた。

これに対し、麻生太郎財務相は「問題が二度と起こらないよう対応する」と答弁した。

佐々木さんは、森友学園への国有地売却に関し、国有財産の管理処分の手続きにおいては不透明さを排除すべきだと主張。明確性と客観性を確保するよう求めた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読