特別指導 基準明示を

公明新聞:2018年4月11日(水)付

山本さん=10日 参院厚労委山本さん=10日 参院厚労委

山本さん 東京労働局の対応巡り

10日の参院厚生労働委員会で公明党の山本香苗さんは、裁量労働制の不当適用による野村不動産への特別指導を公表した厚労省の勝田智明東京労働局長の対応を巡り「指導や公表の基準が曖昧だ」と指摘し、基準を明確化するよう訴えた。

山本さんは今回の事案に関して、勝田局長が不適切な発言を繰り返したことを厳しく糾弾。その上で、特別指導の基準をただすとともに、個別案件は従来、非公表としているにもかかわらず、今回公表した理由を尋ねたが、勝田局長は客観的な基準を示さなかった。

これを受け、山本さんは「きちんと手続きを示さなければ、恣意的などと言われかねない。特別指導のルール化を」と強調。加藤勝信厚労相は「ルール化を含めて議論する」と答えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読