「100万人訪問・調査」運動スタート

公明新聞:2018年4月2日(月)付

介護サービス利用者を訪問し、アンケートを行う山口代表=1日 松山市介護サービス利用者を訪問し、アンケートを行う山口代表(右)=1日 松山市

党幹部先頭に現場の声聞く
子育て、介護、中小企業、防災・減災でアンケート

約3000人の公明議員が地域の最前線で、「子育て」「介護」「中小企業」「防災・減災」の4分野をテーマにアンケートを行う「100万人訪問・調査」運動が始まった。山口那津男代表ら党幹部は早速1日を中心に、各地で住民や中小企業経営者、自治会などの関係者らと膝詰めの対話を行い、意見や要望に耳を傾けた。

関連記事

「保険料」負担 重荷に 山口代表

山口那津男代表は1日、松山市で君原道子さん(73)宅を訪問し、介護サービスの利用状況などについて聞いた。

山口代表はアンケート用紙を片手に、「日常生活でお困りのことはありませんか」「利用している介護サービスは何ですか」と一つ一つ丁寧に質問。要支援1の認定を受ける君原さんは、家族の手助けを得ながら生活している。通所リハビリを週1回利用しており、「介護保険料がもう少し安ければ、ありがたい」と要望。

山口代表は、「生活現場の大事な声をしっかり生かしていきたい」と語った。

「将来の介護」が心配 井上幹事長

中村さん夫妻宅を訪れ介護に関するアンケートを行う井上幹事長=3月31日 仙台市井上義久幹事長は3月31日、仙台市内に住む中村等さん(80)、恵子さん(73)夫妻宅を訪れ、「介護アンケート」を行った。

市営住宅に暮らす中村さん夫妻は、町内会など地域の行事へ活発に参加している模様を交えながら、「この団地も高齢の単身者が増えている」と話した。

井上幹事長が、「将来、介護が必要になったとき、困ることは何ですか」と調査項目に沿って尋ねると、「子どもたちは皆、独立して県外へ。いざという場合、すぐに支援が受けられないのではと心配です」と答えていた。

木造密集地の安全確保を 北側副代表

久保会長(中央)から防災の課題について話を聞く北側副代表ら=1日 堺市堺区北側一雄副代表は1日、堺市堺区内で、防災・減災に関する訪問・調査活動を実施。湊西校区自治連合協議会の久保照男会長は、同校区は木造密集地域が多く「地震による倒壊や火災が一番怖い」と強調。高齢化や人口減少に伴い空き家も急増しており、「災害時の避難体制をどうするかが悩みの種だ」と述べた。

北側副代表は「住民の皆さんの不安解消へ力を尽くします」と応じていた。

子どもの教育費に不安 古屋副代表

懇談しながら「子育てアンケート」を進める古屋副代表=1日 神奈川・三浦市古屋範子副代表は1日、神奈川県三浦市で高校生の双子を持つ母親に「子育てアンケート」を実施。「双子は経済的負担が常に2倍で大変。将来、2人同時に大学へ進学する場合を考えると、そのやりくりがとても不安」との回答を得た。

古屋副代表は、教育費負担の軽減に関する公明党の豊富な実績などにも触れ、「しっかり受け止めて政策の参考にします」と語った。

中小企業支援 周知求める 石田政調会長

寺田代表取締役に中小企業応援ブックの内容を説明する石田政調会長ら=1日 徳島市石田祝稔政務調査会長は1日、徳島市内で株式会社徳島ランドリーの寺田敏行代表取締役に公明党が作成した「中小企業応援ブック」を説明しながらアンケートを行った。

寺田氏は、ものづくり補助金が設備投資に役立っていると答えながら「制度を知らない人もいると思うので、必要な情報を多くの人に行き渡らせてほしい」と話した。石田政調会長は「『応援ブック』を大いに活用し、支援策を伝えていきたい」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読