古民家調査の人材育成を

公明新聞:2018年3月9日(金)付

全国古民家再生協会との意見交換であいさつする赤羽会長=8日 都内全国古民家再生協会との意見交換であいさつする赤羽会長(右端)=8日 都内

党懇話会に再生協会 訪日観光にも活用

公明党の古民家再生議員懇話会(会長=赤羽一嘉衆院議員)は8日、都内で全国古民家再生協会の園田正文理事長らと懇談し、古民家活用に向けた支援策について意見を交わした。同懇話会顧問の北側一雄副代表らが出席した。

園田理事長らは、各地で空き家となっている古民家が再生できるかどうか見極めるため、「シルバー人材センターと連携して人材を育成し、古民家の簡易調査を推進してほしい」と訴えた。また、訪日観光客向けに、古民家を回りながら写真に納めるフォトツーリズムの拡充を求めた。

赤羽会長は、家屋調査の重要性に言及するとともに、「古民家を活用した、きめ細かな観光施策を充実させていく」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読