猫の殺処分 5年連続ゼロ

公明新聞:2018年3月5日(月)付

猫の殺処分ゼロを喜び合う中川市議と後藤さんら猫の殺処分ゼロを喜び合う中川市議(左)と後藤さん(中)ら

ボランティア軸に見守る地域活動が浸透
東京・国立市

猫の殺処分を減らそうと全国各地の自治体が対策を進める中、東京都国立市は地域住民、行政、ボランティアの三者協働により、不妊去勢手術で繁殖を抑え、地域で見守る地域猫活動に取り組み、猫の殺処分ゼロを2012年度から5年連続で達成している。

この成果に大きく貢献してきたのは、地域猫活動を行うボランティアグループ「猫のゆりかご」(後藤由美子代表)。同グループが発足した05年当時、増えすぎた野良猫のふん尿や、置き餌の食べ残しによる悪臭、発情期の鳴き声などに多くの苦情が寄せられていた。「猫を他の地域に連れていけばいい」という排除の声が上がっていたが、根本的な解決にはならないと考えた後藤代表らは、野良猫の数を増やさない地域猫活動を開始。(1)野良猫を捕獲し、不妊去勢手術(2)トイレ設置(3)地域住民への説明――など活動は多岐にわたる。まだ不妊去勢手術の補助金がなかったときには、フリーマーケットで集めた資金で手術を行ってきた。現在は、地域猫の活動を知ってもらうため、市内外で講演活動を展開している。長年の功績が認められ、15年には市から後藤さんらが表彰された。

一方、市は13年から不妊去勢手術の補助金を交付。また、地域猫に関するリーフレット作成やセミナー開催、公園への捨て猫と置き餌禁止の看板設置を実施している。

公明党の中川喜美代市議は、03年12月定例会から地域猫活動を取り上げ、強力に推進してきた。中川市議は「これからも三者協働の地域猫活動を進めていきたい」と語っていた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読