部活指導に外部人材

公明新聞:2018年3月2日(金)付

外部の専門員を活用した部活動を視察する党プロジェクトチーム=1日 東京・杉並区外部の専門員を活用した部活動を視察する党プロジェクトチーム=1日 東京・杉並区

練習視察し教員と懇談
東京・杉並区で党プロジェクトチーム

公明党「Society5.0社会に対応した教育の在り方に関する検討プロジェクトチーム」(PT)の浮島智子座長(衆院議員)らは1日、東京都杉並区立富士見丘中学校を訪れ、部活動指導で外部人材を活用する取り組みを視察した。中野洋昌、鰐淵洋子の両衆院議員、竹谷とし子、佐々木さやか、河野義博の各参院議員らが参加した。

浮島座長らは、企業やNPO法人の専門指導員を中心に部活動が運営されているスポーツトレーニングクラブの練習を視察。教員とも懇談し、「今までより授業の充実などに取り組めるようになった」などの声を聞いた。

渋谷正宏校長は「部活動指導の質の向上だけでなく、生徒にとって教員以外の人とつながる機会になっている」と外部人材活用の利点を語った。

一方、同PTは同日朝、衆院第2議員会館で会合を開き、独立行政法人・日本学術振興会の安西祐一郎理事長が「日本と世界の劇的な変化の中で教育改革はどうあるべきか」をテーマに講演した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読