イノベーション創出への課題で議論

公明新聞:2018年3月1日(木)付

党合同会議

公明党科学技術委員会(委員長=伊藤渉衆院議員)は28日、衆院第2議員会館で内閣、文部科学両部会との合同会議を開き、政府が検討している科学技術イノベーションに関する制度改革を巡り、国立研究開発法人・理化学研究所(理研)の松本紘理事長らから意見を聞いた。

イノベーション創出に向けて、松本理事長は、基礎研究の成果をいち早く社会的価値に還元するなどの観点から、理研が100%出資する「事業法人」を設立し、そこを窓口に民間企業との連携を強化していく重要性を強調。その上で、これらの積極的な展開を可能にするための法改正を訴えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読