多摩都市モノレールの早期延伸を

公明新聞:2018年2月14日(水)付

東京都知事に「市民の会」

東京都武蔵村山市の「モノレールを呼ぼう! 市民の会」(米原義春会長)は9日、都庁に小池百合子知事を訪ね、多摩都市モノレールの箱根ケ崎方面への早期延伸を求める要望書を手渡した。

これには公明党の谷村孝彦都議、藤野勝市長が同席した。

米原会長らは、同モノレール(上北台―箱根ケ崎)などの事業化に関連する「都鉄道新線建設等準備基金(仮称)」が、都の2018年度予算案に計上されたことを踏まえ、早期事業化を強く要請した。

小池知事は、事業の採算性や工事のしやすさなどを考慮し、「総合的に検討を進めたい」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読