認知症 地域で見守る

公明新聞:2018年2月13日(火)付

綿貫さんらに話を聞く伊勢崎市議会公明党のメンバー綿貫さん(左から2人目)らに話を聞く伊勢崎市議会公明党のメンバー(右から3人)

サポーターいる店 市HPに掲載
群馬・伊勢崎市

群馬県伊勢崎市は、窓口や店舗などで対応する従業員の約1割以上が認知症サポーター養成講座を受けている店を「認知症サポーターのいるお店」として登録し、市のホームページに掲載している。1月末現在、96件が登録。サポーターがいることが分かる表示板を掲げるようにしている。市議会公明党(内田彰代表)はこのほど、登録店の「綿貫理容室」を訪問し、話を聞いた。

店主の綿貫晴通さんは昨年11月、自身が会長を務める伊勢崎理容師会の会員約100人と共に認知症サポーター養成講座を受講。その後、会員の多くは登録を申請した。綿貫さんによると、表示板を見た人から、認知症の家族を連れてきていいかという相談が寄せられたという。

内田代表は「引き続き認知症対策に全力で取り組んでいく」と話していた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読