新しい医療技術を探る

公明新聞:2018年1月27日(土)付

医師などの研修施設へ
神奈川で高木副大臣

高木美智代厚生労働副大臣(公明党)は26日、新たな医療技術の普及、開発への取り組みを探るため、民間会社が運営する「テルモメディカルプラネックス」(神奈川県中井町)を訪問し、医師や看護師らの研修施設などを視察した。公明党の古屋範子副代表、鰐淵洋子衆院議員、県議らが同行した。

高木副大臣は、心臓の血管に管を挿入するカテーテル治療の技術習得へ、精緻な血管モデルにステント(拡張できる金属製の筒)を通す訓練を行う施設のほか、病棟やスタッフステーションなどの病院機能を再現した研修室を見学した。

運営する会社の担当者は、一連の施設について、「海外の政府関係者が訪れ、日本の医療技術をアピールする場にもなっている」と説明した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読