初期対応万全を期せ

公明新聞:2018年1月13日(土)付

鳥インフルエンザの対策強化を求める党香川県本部のメンバー=12日 県庁鳥インフルエンザの対策強化を求める党香川県本部のメンバー=12日 県庁

党対策本部、養鶏農家支援も要請
香川で鳥インフル
党対策本部、養鶏農家支援も要請

公明党の鳥インフルエンザ対策本部(石田祝稔本部長=政務調査会長)は12日、香川県で発生した鳥インフルエンザについて、衆院第2議員会館で農林水産省などから防疫措置の状況を確認し感染拡大の防止へ万全な対応を求めた。同対策本部顧問の井上義久幹事長、石田本部長らが出席した。

感染が確認された同県さぬき市内の養鶏場では、10日朝に55羽が死んでいるのが発見され、県による簡易検査の結果、11羽のうち3羽が陽性反応を示した。同日、遺伝子を調べる詳しい検査を行っていたが判別がつかず11日に再検査を実施し「H5型」の高病原性鳥インフルエンザウイルスの感染を確認。四国の養鶏場での感染は今回が初めて。全国では今冬初めてとなった。

冒頭、井上幹事長は「初期対応と拡散防止が最大の課題。万全な態勢で臨まないといけない」と訴えた。

農林水産省は同養鶏場と近隣の関連養鶏場を含め、「約9万1000羽の殺処分を11日夜から開始し、焼却に向けた準備も現在行っている」と説明した。

出席議員は、鳥インフルエンザの感染原因の究明を急ぐよう求めたほか、養鶏農家への支援を充実させるよう要請した。

感染拡大食い止めよ 党県本部 知事に緊急要望

公明党香川県本部の鳥インフルエンザ対策本部(本部長=都築信行代表、県議)は12日、さぬき市の養鶏場で発生が確認された高病原性鳥インフルエンザについて、県庁内で浜田恵造知事に対し、対策強化を求める緊急要望を行った。都築本部長のほか、広瀬良隆県議と江村信介、鏡原光代の両さぬき市議が同席した。

要望書では、(1)防疫措置の徹底(2)養鶏農家などへの早期支援(3)風評被害の防止(4)感染経路の早期究明(5)監視体制の強化、他都道府県との連携―などを求めた。

席上、都築本部長らは、「県内での感染拡大を最小限に食い止めるため、万全な防疫対策を」と求めた。

これに対し浜田知事は、国や市と連携して適切な措置を行っていく考えを示した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読