G20、大阪で開催せよ

公明新聞:2017年12月22日(金)付

公明党の府・市議と共に菅官房長官に要望する佐藤(茂)、石川の両氏=21日 首相官邸公明党の府・市議と共に菅官房長官(中)に要望する佐藤(茂)(左)、石川(右)の両氏=21日 首相官邸

佐藤(茂)、石川氏ら 官房長官「重く受け止める」

公明党の佐藤茂樹大阪府本部代表(衆院議員)、石川博崇同副代表(参院議員)は21日、自民、公明両党の大阪府・市議らと共に、首相官邸を訪れ、菅義偉官房長官に対し、2019年に日本で初めて開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合の大阪開催に向けた要望書を提出した。

佐藤代表らは「G20の大阪開催をお願いしたい」と力説。大阪は、空港、鉄道、高速道路といった国内外からの交通が便利であり、国際的な会議を開催できる環境が整備されていると強調した。

また、25年大阪万博の実現に向け、大阪が国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」の取り組みを積極的に進めているとし、G20の大阪開催がSDGsの普及や達成にもつながると訴えた。

菅官房長官は「極めて重く受け止める」と答えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読