食品ロス 削減めざす

公明新聞:2017年12月15日(金)付

食品ロス削減へ関係者と意見を交わす竹谷さんら=14日 東京・大田区食品ロス削減へ関係者と意見を交わす竹谷さん(右)ら=14日 東京・大田区

竹谷さん 配送業者の取り組み視察

公明党の竹谷とし子参院議員は14日、東京都大田区を訪れ、学校給食物資を配送する黒光商事株式会社の食品ロス削減に向けた取り組みについて、関係者と意見を交わした。地元区議が同行した。

同社は、誤発注や賞味期限が迫るなどして廃棄せざるを得ない食品を子ども食堂などに昨年12月から提供している。矢野正冨取締役会長は「自社の配送力を生かし、食品を粗末にすることを防ぎたい」と語った。

この後、一行は同社が食品を提供している同区内の子ども食堂「気まぐれ八百屋 だんだん」を訪れ、食品の活用状況について話を聞いた。

竹谷さんは「地域内で食品ロスを削減できるような仕組みづくりへ、力を注いでいく」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読