不妊治療でセミナー

公明新聞:2017年12月7日(木)付

吉川さん夫妻と懇談する大山市議吉川さん夫妻と懇談する大山市議(右)

夫婦対象に男性の理解促す
高松市

香川県高松市でこのほど、男性にも不妊治療を理解してもらおうと、夫婦などを対象にした不妊に関するセミナーが開催された。市の特定不妊治療費助成事業に男性の不妊治療が追加されたことを受け、公明党の大山高子市議が2016年3月定例会で開催を提案していた。

セミナーでは、妊娠を望む夫婦のサポート活動に取り組んでいる吉川正三さん夫妻が登壇し、不妊治療を通して子どもを授かった自身の経験を発表。「夫婦共に大変だからこそ、不妊治療を通して、お互いのことを分かり合う機会にしてほしい」と訴えた。また、医学博士による妊娠のメカニズムについての講演なども行われた。

終了後、吉川さんは大山市議との懇談で、「男性の参加者が予想以上に多く、改めて当事者としての立場で発信していく重要性を感じた」と話していた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読