公明が子どもの貧困対策リード

公明新聞:2017年12月4日(月)付

古屋副代表

公明党の古屋範子副代表は3日、都内で開かれた公益財団法人「あすのば」(小河光治代表理事)の第3回全国集会に出席し、あいさつした。

古屋副代表は、1999年の自自公連立政権合意に奨学金の拡充を盛り込むなど、公明党が一貫して子どもの貧困対策をリードしてきたことを紹介。「今後もライフワークとして取り組む」と述べ、私立高校授業料の実質無償化、給付型奨学金の支給対象拡大の実現に意欲を示した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読