「出演強要問題」根絶へシンポジウム

公明新聞:2017年12月1日(金)付

佐々木さんら出席し、あいさつ

公明党AV(アダルトビデオ)出演強要問題対策プロジェクトチーム(PT)の佐々木さやか座長(参院議員)と、同PT顧問の佐藤茂樹、遠山清彦両衆院議員は30日、衆院第1議員会館で出演強要被害の根絶に向けたシンポジウムに出席し、あいさつした。

佐々木座長は、同PTが3月に菅義偉官房長官へ申し入れた提言によって対策が大きく前進したものの、「被害の相談は今なお寄せられている」と指摘。「出演強要問題は重大な人権侵害であり、公明党として引き続き対策に取り組む」と強調した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読