安心の子育て環境に

公明新聞:2017年11月4日(土)付

子育て支援策などについて語る古屋副代表=3日都内子育て支援策などについて語る古屋副代表

古屋副代表
女性歯科医の会合で強調

公明党の古屋範子副代表(女性委員長)は3日、都内で開かれた日本歯科医師会などが主催する女性歯科医師のためのシンポジウムに出席し、基調講演を行った。

古屋副代表は、「女性が安心して子どもを産み育てられる環境をつくることは、政治の重要なテーマ」と強調。保健師などが妊娠から育児までワンストップ(1カ所)でサポートする子育て世代包括支援センター(日本版ネウボラ)の設置について、「2016年4月現在で、296市区町村720カ所に広がった。20年度末までに全国展開をめざす」と述べた。

また、育児休業制度の充実や待機児童の解消にも触れ、「今後も、女性が活躍できる環境づくりを強力に推進していく」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読