あと3日 断じて勝つ!

公明新聞:2017年10月19日(木)付

いなつ久候補の大逆転勝利へ支援を訴える井上幹事長=18日 北海道岩見沢市いなつ久候補(右)の大逆転勝利へ支援を訴える井上幹事長=18日 北海道岩見沢市

井上幹事長 いなつ候補(北海道10区)大逆転を

公明党の井上義久幹事長は18日、北海道岩見沢市、長沼町で開かれた北海道10区の公明前職いなつ久候補の個人演説会に相次ぎ応援に駆け付け、「大逆転勝利へ、皆さまの力で何が何でもいなつ候補を押し上げてもらいたい」と絶大な支援を呼び掛けた。

井上幹事長は、自公連立政権による経済再生の成果を強調。「経済をさらに強く太くし、成果を家計に及ぼすために、安定した政治、継続した政策が必要だ」と述べ、そのかじ取り役を自公政権が担うと訴えた。立憲民主と共産の選挙協力に対しては「両党は基本政策が全く異なるが、協力するのは選挙の時だけだ。とてもこの国を託すことはできない」と糾弾した。

いなつ候補は「地域のために何としても勝ち抜き、農業の成長産業化、教育の充実へ、いなつ久を働かせてもらいたい」と力の限り訴えた。

【北海道10区情勢】

公明前のいなつ久が、先行する立憲民主新に猛然と迫る。相手陣営は、共産との全面共闘で政権批判票を取り込み、無党派層にも浸透し、優位のまま。いなつは、党員、支持者らの勇猛果敢な票拡大で激しく追い上げているが、無党派層の票獲得で後れを取り、リードを許す。残る3日、電話をフル活用して全人脈に当たりきり、圧倒的な勢いで相手陣営からも票をもぎとる以外、大逆転勝利はない。

元民主議員の小平氏エール 立憲・共産に託せぬ

18日、北海道岩見沢市で開かれたいなつ久候補の個人演説会には、元民主党衆院議員で、民主党政権時に国家公安委員長を務めた小平忠正氏が駆け付け、「大変厳しい接戦だが、支援の輪を広げ、国政の場に戻れるよう皆さまに力添えをお願いしたい」といなつ候補へエールを送った。

小平氏は、緊迫化する北朝鮮情勢を乗り越えるために「しっかりとした行動と信念を持つ安定した政権が必要だ」と強調した上で、「国民の生命と財産を守るには、自公政権しかない。自衛隊廃止を主張する共産党や、共産党と手を組む立憲民主党には、間違ってもこの国は託せられない」と訴えた。同氏は2012年衆院選の北海道10区でいなつ氏が初当選した際、議席を争った。

北海道10区の詳細

夕張市、岩見沢市、留萌市、美唄市、芦別市、赤平市、三笠市、滝川市、砂川市、歌志内市、深川市、南幌町、奈井江町、上砂川町、由仁町、長沼町、栗山町、月形町、浦臼町、新十津川町、妹背牛町、秩父別町、雨竜町、北竜町、沼田町、増毛町、小平町、苫前町、羽幌町、初山別村、遠別町、天塩町

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読