本物の希望社会つくる

公明新聞:2017年10月15日(日)付

自公連立政権の成果を示し、赤羽かずよし候補への支援を呼び掛ける安倍首相=14日 神戸市北区自公連立政権の成果を示し、赤羽かずよし候補(左)への支援を呼び掛ける安倍首相=14日 神戸市北区

神戸市で安倍首相 赤羽候補(兵庫2区)の支援訴え

安倍晋三首相(自民党総裁)は14日、神戸市北区で開かれた公明党前職の赤羽かずよし候補(兵庫2区)の街頭演説会に出席し、「私たちは本物の希望ある社会をつくる。子どもの未来を切り開いていけるのは自公連立政権だ」と力説し、絶大な支援を呼び掛けた。

安倍首相は、民主党政権がもたらした国内総生産(GDP)の縮小や若者の就職難を、「3本の矢」などの政策によって好転させたことを強調。その上で「子どもたちに思い切った投資をする」とし、幼児教育無償化や給付型奨学金の拡充を進める考えを示した。

また、赤羽候補が経済産業副大臣として中小企業支援や東日本大震災の復興に尽力したことを紹介。「この地域の代表は赤羽候補しかいない」と述べた。

赤羽候補は、「地元の発展と日本の将来のため、身を粉にして戦う。攻めて攻め抜く」と支援を訴えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読