「東北2議席」断じて死守

公明新聞:2017年10月15日(日)付

東北2議席の死守へ支援を訴える山口代表、真山祐一候補=14日 仙台市東北2議席の死守へ支援を訴える山口代表(左)、真山祐一候補=14日 仙台市

山口代表 公明勝利で復興加速

公明党の山口那津男代表は14日、福島、仙台、盛岡各市で井上義久幹事長、真山祐一前衆院議員(ともに衆院選候補=比例東北ブロック)と街頭演説を行い、「東北で、安心を実現できる公明党の2議席を守らせてほしい」と述べ、絶大な支援を呼び掛けた。

山口代表は、公明党が掲げた衆院選重点政策に触れ、幼児教育の無償化や所得の低い高齢者への支援を実現し、「これからの少子高齢社会に安心をつくり出す」と強調。公明党が一貫して実現を訴えてきた幼児教育の無償化については「財源を見つけるのが大変だったが、段階的に進めてきた。これからは消費税の税収を生かして一気に進めたい」と訴えた。

連立政権で果たすべき公明党の役割については、社会保障や子育て支援の充実で実績を重ね、リードしてきた公明党の取り組みに触れ、「連立政権に公明党がいるからこそ政策を大きく実現できるようになった。これからも公明党に任せてほしい」と力説した。

井上幹事長は「真山候補とスクラムを組み、公明党のネットワークの力で東日本大震災からの復興を進めてきた。その火を消してはならない」と力説。真山候補は、被災者支援とともに、水害から命を守る改正水防法の実現をリードしてきたと述べ、「防災・減災対策をさらに進めさせてほしい」と決意を訴えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読