米軍ヘリ炎上に抗議

公明新聞:2017年10月13日(金)付

外務省沖縄事務所で厳重に抗議する党沖縄県本部の金城代表ら=12日 那覇市外務省沖縄事務所で厳重に抗議する党沖縄県本部の金城代表(左から3人目)ら=12日 那覇市

民家近くで極めて重大
党沖縄県本部

公明党沖縄県本部(金城勉代表=県議)は12日、外務省沖縄事務所(那覇市)と防衛省沖縄防衛局(嘉手納町)を訪れ、米軍普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリコプターが東村高江の民間地に不時着して炎上、大破する事故を起こしたことに対し、厳重に抗議するとともに、原因究明と実効性のある再発防止策、同型機の飛行訓練中止などを強く求めた。

外務省沖縄事務所で金城県代表は、事故現場からわずか約300メートル先に民家があったとして、「一歩間違えば大惨事となりかねない極めて重大な事故で、地域住民に計り知れない不安と憤りが広がっている」と抗議。最近頻発している米軍機の事故やトラブルにも触れ、「日米両政府は(米軍機の)安全管理体制を見直し、対策を直ちに講じるべきだ」と訴えた。

同事務所の川田司大使は米軍に原因究明と再発防止を強く申し入れたとして、「(要請を踏まえ)しっかり対応したい」と答えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読