いなつ候補(北海道10区)大激戦

公明新聞:2017年10月13日(金)付

いなつ久候補の勝利を訴える自民党の小泉筆頭副幹事長=12日 北海道岩見沢市いなつ久候補(右)の勝利を訴える自民党の小泉筆頭副幹事長=12日 北海道岩見沢市

立憲・共産連合と一騎打ち
自民・小泉氏が応援「断じて勝たせて」

立憲民主・共産連合の候補と“一騎打ち”で大激戦となっている北海道10区の公明党前職・いなつ久候補。12日、北海道岩見沢市で開かれた街頭演説会には自民党の小泉進次郎・筆頭副幹事長が応援に駆け付け、「いなつ候補を断じて勝たせてほしい」と絶大な支援を訴えた。

小泉氏は、同市を含む空知地域の基幹産業である農林水産業こそ、国政の柱に据えるべき重要産業であると力説。「日本の“食”の豊かさを人々の健康な暮らしに結び付ける『医食同源』の国づくりを、農林水産業に精通した、いなつ候補と共に進めていく」と語った。

さらに小泉氏は、少子高齢社会が進む中、「社会全体で、子どもを温かく見守り育てていくことが重要である」と強調。幼児教育の無償化をはじめ、教育負担の軽減を自公連立政権で着実に推し進めていく考えを示した。

いなつ候補は、旧民主党政権が、農業基盤整備や除雪に関わる予算などを大幅に削減したことで「地域経済を疲弊させ、国民の身近な生活まで脅かした」と指摘した。

さらに自公連立政権による経済政策が、着実に実を結んでいることを紹介し、「ここで経済再生の歩みを止めるわけにはいかない。安定した政権で、皆さんの生活を守り抜く」と述べ、必勝の決意を披歴した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読