軽減税率で暮らし守る

公明新聞:2017年10月12日(木)付

上田いさむ候補の勝利へ支援を訴える山口代表=11日 横浜市上田いさむ候補(左)の勝利へ支援を訴える山口代表=11日 横浜市

神奈川6区
山口代表 上田候補の必勝呼び掛け

公明党の山口那津男代表は11日、横浜市保土ケ谷区、旭区で開かれた上田いさむ候補(神奈川6区)の街頭演説会に出席し、「消費税収を教育負担の軽減に生かし、軽減税率を実行する自公両党の責任感に任せてもらいたい」と述べ、絶大な支援を訴えた。

山口代表は、2019年10月の消費税率10%への引き上げについて、①東京五輪前の景気が上向くタイミングで実施②軽減税率で生活を守り、消費を冷やさない③税収を子育て支援に充て、安心の未来を築く――の三つの工夫を講じたと強調。軽減税率については、消費税率10%への引き上げと同時に導入するよう、「上田候補が財務省などを説得し、実現することができた」と訴えた。

上田候補は、力強い賃上げや中小企業支援などにより経済の好循環を生み出すことで、「経済再生を必ずやり遂げる」と決意を述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読