衆院選に挑む比例区党予定候補 第2次公認時点

公明新聞:2017年9月27日(水)付

衆院選に挑む公明党の比例区予定候補(第2次公認時点)を紹介します。年齢は掲載日現在です。

<注>比例区は順不同。各ブロックの名簿登載順位とは関係ありません。

北海道ブロック定数8 北海道


 

 


佐藤英道 現

党道代表代行。元農林水産大臣政務官。衆院当選2回。創価大学大学院修了。57歳。

東北ブロック定数13 青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島の各県

 

 

 

 

井上義久 現

党幹事長、同東日本大震災復興加速化本部長。衆院当選8回。東北大学卒。70歳。

 

 

 

 

真山祐一 現

党青年委員会副委員長。衆院当選1回。東北学院大学卒。福島大学大学院修了。36歳。

北関東ブロック定数19 茨城、栃木、群馬、埼玉の各県

 

 

 

 

石井啓一 現

国土交通相。党茨城県本部顧問、同前政務調査会長。衆院当選8回。東京大学卒。59歳。

 

 

 

 

岡本三成 現

外務大臣政務官。党宣伝局長。衆院当選2回。米・ケロッグ経営大学院修了。52歳。

輿水恵一 現

元総務大臣政務官。衆院当選2回。さいたま市議3期。青山学院大学卒。55歳。

南関東ブロック定数22 千葉、神奈川、山梨の各県

 

 

 

 

富田茂之 現

党幹事長代理、同千葉県本部代表。衆院当選7回。弁護士。一橋大学卒。63歳。

 

 

 

 

古屋範子 現

党副代表、同女性委員長。前厚生労働副大臣。衆院当選5回。早稲田大学卒。61歳。

 

 

 

 

角田秀穂 現

党千葉県本部副代表。衆院当選1回。船橋市議4期。創価大学卒。56歳。

東京都ブロック定数17東京都

 

 

 

 

高木陽介 現

党幹事長代理、同都本部代表。前経産・内閣府副大臣。衆院当選7回。創価大学卒。57歳。

 

 

 

 

高木美智代 現

厚生労働副大臣。党中央幹事、同都本部代表代行。衆院当選5回。創価大学卒。65歳。

 

 

 

 

佐近康昌 新

党総務委員長。本田技術研究所を経て、公明党本部に勤務。早稲田大学卒。63歳。

北陸信越ブロック定数11 新潟、富山、石川、福井、長野の各県

 

 

 

 

太田昌孝 新

党北陸信越方面副本部長、同長野県本部代表。市議1期、県議3期。創価大学卒。56歳。

東海ブロック定数21 岐阜、静岡、愛知、三重の各県

 

 

 

 

大口善徳 現

党国会対策委員長、同静岡県本部代表。衆院当選7回。弁護士。創価大学卒。62歳。

 

 

 

 

伊藤渉 現

党労働局長、同愛知県本部代表。衆院当選3回、大阪大学大学院修士課程修了。47歳。

 

 

 

 

中川康洋 現

党三重県本部代表。衆院当選1回。市議1期、県議2期。創価大学卒。49歳。

近畿ブロック定数28 大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山、滋賀の各府県

 

 

 

 

竹内譲 現

元厚生労働副大臣。党京都府本部代表。衆院当選4回。京都大学法学部卒。59歳。

 

 

 

 

浮島智子 現

元環境・内閣府大臣政務官。党文部科学部会長。衆院当選2回。参院議員1期。54歳。

 

 

 

 

濱村進 現

党国会対策副委員長。野村総合研究所を経て、衆院当選2回。関西学院大学卒。41歳。

中国ブロック定数11 鳥取、島根、岡山、広島、山口の各県

 

 

 

 

斉藤鉄夫 現

党幹事長代行。元環境相。衆院当選8回。東京工業大学大学院修士課程修了。65歳。

 

 

 

 

桝屋敬悟 現

党中央幹事、同中国方面本部長。元厚生労働副大臣。衆院当選7回。創価大学卒。66歳。

四国ブロック定数6 徳島、香川、愛媛、高知の各県

 

 

 

 

石田祝稔 現

党政務調査会長、同四国方面本部長。衆院当選7回。創価大学大学院修了。66歳。

九州・沖縄ブロック定数20 福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄の各県

 

 

 

 

江田康幸 現

党中央幹事。元環境副大臣。衆院当選6回。熊本大学大学院修了。工学博士。61歳。

 

 

 

 

遠山清彦 現

党中央幹事。衆院当選3回。英国ブラッドフォード大学大学院修了。平和学博士。48歳。

 

 

 

 

濵地雅一 現

党福岡県本部代表。元外務大臣政務官。衆院当選2回。弁護士。早稲田大学卒。47歳。

 

 

 

 

吉田宣弘 現

党国会対策副委員長、同九州方面広宣局次長。衆院当選1回。九州大学卒。49歳。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読