水道施設の老朽化対策予算など要望

公明新聞:2017年9月23日(土)付

高木厚労副大臣に全管連

高木美智代厚生労働副大臣(公明党)は22日、厚労省で全国管工事業協同組合連合会(全管連、大澤規郎会長)の松田英行副会長らと会い、2018年度の水道関係予算などに関する要望を受けた【写真】。公明党の小磯善彦東京都議が同席した。

松田副会長は「水道施設の老朽化対策に十分な予算確保を」と要請。先の通常国会で継続審議となった水道法改正案の早期成立も求めた。高木副大臣は「しっかり取り組む」と応じた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読