若年性認知症に理解を

公明新聞:2017年9月23日(土)付

多摩若年性認知症総合支援センターで説明を受ける古屋本部長、大口善徳国会対策委員長ら=22日 東京・日野市多摩若年性認知症総合支援センターで説明を受ける古屋本部長(左側中央)、大口善徳国会対策委員長(同手前)ら=22日 東京・日野市

支援拠点を訪れ課題聞く
東京・日野市で党対策推進本部 

公明党認知症対策推進本部(古屋範子本部長=副代表)は22日、東京都日野市にある「都多摩若年性認知症総合支援センター」を訪れ、若年性認知症の人に対する支援の課題を聞いた。

65歳未満の現役世代が発症する若年性認知症の人は、全国に約4万人、都内では約4000人に上ると推計されている。同センターは、16年11月に開設され、当事者の就労継続に向けた職場との調整、社会保障の手続きや日常生活に関する助言など幅広い支援を行っている。

古屋本部長らは、来島みのりセンター長と懇談。来島センター長は、若年性認知症を巡って多く見られる状況として、本人や家族が病気を受け入れられないことを挙げ、「若年性認知症に対する理解を深めながら当事者や家族に寄り添って支援しないといけない」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読