冥福祈り 不戦誓う

公明新聞:2017年8月16日(水)付

各党の代表と共に献花する山口代表=15日 東京・日本武道館各党の代表と共に献花する山口代表(手前から3人目)=15日 東京・日本武道館

東京で戦没者追悼式
山口代表が献花

72回目の終戦記念日を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれた。天皇、皇后両陛下や安倍晋三首相、遺族ら約6400人が参列。全員で黙とうして戦没者の冥福を祈り、不戦と平和への誓いを新たにした。公明党から山口那津男代表が参列し、献花した。

式典は正午前に始まった。安倍首相は式辞で「私たちが享受している平和と繁栄は、尊い犠牲の上に築かれた」と述べ、日中戦争と太平洋戦争で犠牲になった約310万人を追悼した。

その上で「戦争の惨禍を二度と繰り返してはならない」と強調。「戦後一貫して戦争を憎み、平和を重んずる国として歩み、世界の平和と繁栄に力を尽くしてきた。歴史と謙虚に向き合い、どのような時代でもこの不動の方針を貫く」と宣言した。

正午から1分間、黙とう。続いて、天皇陛下が「過去を顧み、深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願う」とお言葉を述べた。

その後、父がビスマーク諸島ラバウルで戦病死した福岡県豊前市の渡辺一さん(83)が遺族を代表し「先の大戦から学んだ戦争の悲惨さと平和の尊さを次の世代にしっかりと伝え、二度と戦争をしない日本と国際社会の建設に向かってまい進する」と追悼の辞を述べた。

厚生労働省によると、参列した遺族は4998人。最高齢は夫を沖縄戦で失った東京都練馬区の芹ケ野春海さん(101)。最年少は曽祖父を亡くした沖縄県うるま市の宮城翔竜君(6)だった。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読