議員交流促進で一致

公明新聞:2017年8月12日(土)付

韓日協力委員会の李理事長らと懇談した党訪韓団=10日 ソウル市韓日協力委員会の李理事長(中央)らと懇談した党訪韓団=10日 ソウル市

党訪韓団 韓日協力委理事長と懇談

魚住裕一郎参院会長を団長とする公明党訪韓団は10日、ソウル市内で韓日協力委員会(李承潤会長=元経済副総理)の李大淳理事長(元逓信部長官)らと和やかに懇談した。同委員会は、両国の友好交流を目的とした民間団体で、韓国の各界リーダーによって構成されている。

李理事長は、緊迫する朝鮮半島情勢に触れ、韓国と日本、中国の3カ国による結束が問題解決の道筋になると指摘。日中韓の議員交流を促進すべきと力説した。

その上で、「首脳同士で会えばいろいろな問題が解決できる」と述べ、同委員会としても日中韓首脳会談の定例化を望んでいると強調。実現への機運醸成に向けた公明党の尽力に期待を寄せた。

魚住氏は、日中韓の議員交流促進について「公明党も全力で取り組み、加速させていく」と応じた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読